学士様の監視


by 45plus
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「フォルダー」って,「ディレクトリ」のことじゃぁないんですか(笑)
 以下、学士様大爆発です。論理展開についていけません。ここまで酷いのも久しぶりだなぁ。
「コンピュータ」は「コンピューター」 MSが表記変更(朝日新聞) - goo ニュースについて.

 だいたい,この不景気にしても,先の見通しができない,文科系2代目が作り出したものだ.彼らは英語の実務能力がないくせに,勝手に -er を /*r;/ (/*/ は /e/ の逆さまの発音記号) と伸ばしたりする.こういうバカとは正面切って相手に出来ない.そもそも,語尾を伸ばさないというのは日本工業規格 (JIS)で決まっている.公立図書館 (大学図書館ではない!) に長々と置いてある,浩瀚なJISのペーパーバックを見たことがない人なんだろうと思う.

 JISで決まっていることを無視したのが気に入らないのでしょうか。実状に合わせたと記事には書かれているのですが、権威を絶対視する学士様には許されないのでしょう。でも、なんで大学図書館でなくて公立図書館なんでしょうね。どこでも同じだと思うのですが、学士様が入れないからでしょうか。

 それにしても文化系2代目って誰のことを言っているんでしょう。
 他にも「フォルダ」を「フォルダー」にするんだとか.おいおい,あれって,元々はディレクトリって言うのが正しい読み方なんだぜ.Mac ユーザ(ー)がたまたま「フォルダ」と言ってたのを,Windows95 の発売期に Microsoft がマネしただけなのだな.MS-DOS/V の元の開発者の IBM の PC-DOS/V もきちんとディレクトリと言ってたし,それで私は ThinkPad 220 で DOS/V パソコンを覚えたものだ (その前は Mac Classic II を使ってたが持ち運びできないので大枚はたいてアルカリ電池で動くノートPCを買った).消費者は訓練するものであって,下賎な連中に合わせたゲーム感覚の商売は従業員を使い捨てするばかりで長続きしない.

 正しい読み方じゃなくて、別の言葉なのに何を言っているのか。
 MS-DOS/Vって初耳です。でもって元の開発者がIBM…

 例えば,エクセルという表計算ソフトがある.これを使う事務員がまずこけるのに関数という概念がある.この関数というのは単純に総和を出したり,簿記などの公式を引き出して計算させるものである.ところが,マニュアル通りにエクセル関数のあんちょこを使っていると,計算ミスを起こすことが多い.これが何故か,考えた人はいるのだろうか (ほとんどは単なるコピー&ペーストの意味を把握してないため).ここで,長年の「ゆとり教育」のために数理系の学科で「剰余系」を教えなくなったことに気付かされる.「剰余系」とは,分かり易く言えば,小学3年の割り算の導入部分で,答えの確かめをすることである.言ってみれば,答えが出ることだけに命を賭けることで,その答えが出た理由を考えなくなってしまうのである.本当は理由と確かめが大切で,それが分かっていれば,普通科高校・数1の学力があれば,関数の計算ミスも自ずから分かるものなのだが…….

 エクセルの関数はいったい何の例なんでしょうか。
 剰余系って、割り算の検算のためのものでしたっけ?
 まぁ、確かに入力と出力の関係とか分かっていないと、出てきた答えの意味は分からないので、ちゃんと勉強しないといけないのは分かるんですが、もう少しまともな例があると思うのですよ。

分かり易い例が再生紙のコピー用紙である.ゲンバのことを何も知らない経営者は再生紙を入れれば「エコ」「温暖化」でイメージ戦略ができると思っているだろうが,実態は逆である.再生紙のコピー用紙はある任意のトナー,特に再生格安トナーと非常に相性が悪く,コピー機に詰まった紙を取り出したり,サービスマンを呼んで無駄な時間を過ごしていることの方が多く,とても非効率的かつ電力の無駄遣いなのである.どこが「エコ」や! 言うてみぃや,このボケ,カス!

 上記はいったい何の分かり易い例なんでしょうか。
 上のような使い方ではサービスマンは来てくれないかも。スポットで修理ぐらいはしてくれるかも知れないですけど。保守契約の条件を一度調べてみるといい。ゲンバを知らない経営者よりもゲンバを知らない学士様のほうが問題でしょう。

 環境省の言うてる「エコ」(例えば「地球温暖化 (中国語では「地表温暖化」と言う)」「My箸運動は細菌まみれのえげつなさ」など) 批判については,また次の記事で展開していくことにする.また,他にも書きたいこと・言いたいこと・他の記事にコメントしたいことはぎょーさんあるんやけど,身体が追い付かない.悲しいかな.

 楽しみにしています。早く記事にしてください。
[PR]
by 45plus | 2008-07-28 00:42 | kaetzchen

本当に恐ろしい台風

こぼれ話:雨が多いな~へのコメント
本当に恐ろしい台風は,赤道の東の果てのアメリカに近い,ミッドウェー島付近からふらふらと西へ西へとたどり着き,フィリピンの東海上で急に大型台風に発達するやつです.これが夏の終わりから秋にかけて日本を襲って災害を引き起こすやつです.

 赤道の東の果て、という定義が分からん。仮に太平洋の、とするとそこはエクアドルなんだが…。そもそもミッドウェーはアメリカ領なわけで、わざわざアメリカに近い、と言っているのだから大陸のほうのことなのか…。

 もしかしたら私の知らないミッドウェー島があるのか。
[PR]
by 45plus | 2008-07-20 10:48 | kaetzchen

学位の件

「ためしてガッテン」は「嘘つきでガッテン」(笑)へのコメント(お金持ちなんですねぇ~ (kaetzchen)2008-07-14 13:46:23)
 ふーん,Ph.D を取るまでが余りにも長いですね.しかも博士の学位と言っても,Ph.D というのは一般の学問に入らない分野が中心で「哲学博士」と訳すのが一般的.つまり物理学のドクターは取ってないのだな(笑)

 私は国費でドクター半年後に留学して1年で Ph.D 取った.国費留学生は2年しか居られないので,必死で実験して2年目のぎりぎりに専門のドクターを取った.

 一般的には博士課程は日本では3年で,裏表6年間の間に論文審査と口頭試問が行われて初めてドクターになれる.でも,本当は先に就職先を探しておかないと,あとが大変なのだな.あと,裏道として,日本で Ph.D を取れる回り道もあります.この人は恐らく能力がないことが分かって,理学博士・工学博士でなく Ph.D という回り道をしたのでしょう.

 ま、いつもの与太話ってことで。記録しておきます。
[PR]
by 45plus | 2008-07-16 06:49 | kaetzchen

蒸発熱&マイはし

逝きし世の面影

ムペンバ効果、NHKと反科学
へのコメント
「打ち水」が良いと政治家が言い出して,実際に御堂筋にシャワーを浴びせたら,通行する人間は蒸発熱で「暑い暑い」だそうです(笑) 

 蒸発熱って、液体から気体になる時のことですよね。これが発熱反応と学士様は仰っているのでしょうか。すばらしい。

似た例が「マイはし運動」.これは箸を持ち歩いた際,必ず飲食店がキレイに箸と箸箱(袋)を熱湯にて洗ってくれないと食中毒の原因になります.

 この場合、自分で箸を洗うのだと思うのだが。だからマイはし、なのではないか。

#恩義さま、貴ブログへのコメントを使わせていただきました。
[PR]
by 45plus | 2008-07-14 01:45 | kaetzchen

水の密度と温度の関係

「ためしてガッテン」は「嘘つきでガッテン」(笑)
 ところで,ちょっと知識を.水って,4℃が一番密度が高いって知ってますか? ほとんどの人が知らないと思います.冷蔵庫の温度が5℃に保たれているのは,食品に含まれる水分の密度を最小にして,凍らせずに腐敗を防ぐという意味もあったのです.

 分かってるのかなぁ。一つのセンテンスの中で密度が最大だったり最小だったり。
[PR]
by 45plus | 2008-07-14 01:28 | kaetzchen