学士様の監視


by 45plus
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

2007年 08月 13日 ( 3 )

学士様の伯父様II

学士様の伯父様ソ連のスパイだった
 シベリア科学アカデミーなんて組織があるのかな、と思って検索してみたら次のページがありました。googleにこのような形で残っているとは思いませんでした。すでにコメント欄は閉じられているのでどの記事へのコメントかは分かりません。
渚にて,さん,こんにちは。私の亡き伯父はあなたの伯父さんとは全く逆の運命に立たされました。旧制3高理科を落ちた伯父は旧制大阪高校理科へ進学しました。題名の通り,理科の学生は技術者・医者の卵だから徴兵はされないという噂を信じて……。手塚治虫も同様に意図的な徴兵忌避で旧制大阪大医学部附属医学専門学校(阪大医専)へ進学した一人でした。理数系が得意で戦争に反感を持っていた旧制中学生たちはこぞって旧制高校理科を受験し,競争率は激烈なものだったと言います。私の親父は終戦当時はまだ旧制中学4年で旧制高校受験も可能だったし新制高校2年に編入して英語を復習するかの選択が与えられ,戦争中軍需工場で働かされるばかりの親父は迷わず後者を選び,後に工学部へ進学しました。

ところで,伯父は変わり者で,旧制高校時代のロシア語の成績が抜群でした。それに目を向けられ,2年から3年に上がる1945年3月に赤紙が来て,シベリアのロシア人捕虜の通訳をやれと命じられたのです。工学部へ進学するつもりだった伯父は仕方なく軍部の命令に従い,シベリアへと赴きました。そこで見たものは飢えと日本軍に酷使されるロシア人の姿でした。そして夏,ソ連が参戦するという情報を得ると同時に,ソ連側へと投降したのです。食糧事情も最悪で,自分自身が生き残るためだったのです。当然,ソ連軍側では将校並みのもてなしがされ,反対に捕虜になった日本軍兵士の通訳をすることになったのです。

もしかすると,シベリアでロシア語が分からないために死んでいった日本軍兵士の中には,伯父を恨んでいる人も多いかと思います。しかし,生き残るためには仕方のない選択でした。伯父は生前,シベリアでの話はあまりしてくれませんでしたが,同胞のために身体の続く限りソ連軍に食料や医薬品を要求し,過酷なシベリア開発のための奴隷労働を減らせ,捕虜も労働者だと習い立てのマルクス・レーニン主義で主張はしたよ,と自己弁護してました。ただ,伯父自身も捕虜という立場ゆえ,その後のことを考えて,同胞を見殺しにせざるを得なかったということは暗にほのめかしていました。その証拠にシベリア科学アカデミーにて土木工学で工学博士を取って帰国しました。多くの捕虜の犠牲の上に伯父の研究と栄誉が与えられたのです。その後,伯父はソ連での研究を元にしたある大発明で会社を興し,資本家となったのですが……,これ以上書くと私の素性がばれるのでやめておきます。ただ,この大発明のおかげで,土木工事に革命が訪れた,それは伯父が世話をした捕虜たちの犠牲の上にある,ということだけは言い訳しておきます。

[PR]
by 45plus | 2007-08-13 12:10 | kaetzchen

空自は制服で帰国

元自衛官佐藤正久参院議員のトンデモ度
 イラク駐留中はこうした憲法違反の行為を念頭に置き、帰国時にはシカゴ条約、つまり国際民間航空条約に違反して民間航空機の乗員や他の乗客たちの命を危険にさらしても、軍人としての自衛隊員の‘誇り’を貫きたい、と考えていたようなのです。

 氏は、サマワでの半年の任務を終えて帰国する隊員90人をスーツ姿で帰国させたことについて、「堂々と胸を張って、制服姿で帰りたかった。隊員たちに悲しい思いをさせた」と語ったと報道されました。

 氏のような幹部自衛官がシカゴ条約のことを知らないわけありません。

 制服姿の軍人を運んで万が一攻撃され、航空機が撃墜されたとしたらどのような事態に陥るか、予測済み、計算済みの上で世論を煽るような発言をした、と考えておかしくありません。
 昨年8月、バンコクの空港で帰国便を待つイラク復興支援というワッペンを着けた航空自衛隊の方々をお見かけしました。民間航空機で帰国されてましたよね。
[PR]
by 45plus | 2007-08-13 12:03 | とむ丸

学士様、2006年夏

 私が学士様を知ったのは昨年秋のことでした。ですのでそれ以前のご活躍については存じ上げません。ですが、たまたま昨年夏のご活躍ぶりを知る機会がありましたのでご紹介させていただきます。
尖閣諸島のガス田(再掲載)
元記事は
尖閣諸島の油田。ここのコメント欄に学士様が登場されています。
3. Posted by kaetzchen 2006年08月25日 12:11
ある程度の専門知識があるので,言わせて頂ければ;今回の日本の言い分は国際特許法に違反しています。つまり,先に試掘したのが中国なのだから当然,中国側に総ての資源の採掘を任せるのが当然の事なのだ。日本は中国から原油・天然ガスをきちんと対価を支払って購入するべきである。

この意見に反論のある方は,最低限でも弁理士国家試験の「化学工業」分野をマスターしてからコメントして下さい。感情的なコメントは一切無視します。

25. Posted by ms 2006年08月26日 22:01
>kaetzchenさん
当方、一応特許業界で十数年飯を食っている人間ですが、この件に特許がどう絡んでくるのかさっぱりわかりません。
どの国で成立した、誰の、何に関する特許の話なのでしょうか?
また「国際特許法」なる語句がどの法律(条約?)を指しているのかよくわかりませんが、どの条文に違反しているとお考えでしょうか?
勉強不足で恐縮ですが、興味がありますので、よろしければご教示ください。
なお、弁理士試験には「化学工業」なる科目はないようなので↓、
http://www.jpo.go.jp/torikumi/benrishi/benrishi2/benrisi_test_info.htm
何をマスターすればいいのでしょうか?

26. Posted by kaetzchen 2006年08月27日 00:45
>msさん

あ,「応用化学」の書き間違いでしたわ(視覚障害者なもので時々ミスります)。私も大学院の学生の時に勉強したきりなので受験科目名があやふやでした。

引っ掛かるとすれば国際私法(conflict of laws)になりますね。つまり強行法規であるため,国際裁判となりますが,中国側の裁判所に管轄権が与えられた場合は日本の言い分が却下される可能性が非常に高くなるかと。

つまり,油田やガス田の存在を日本固有のものだと主張するための法律が他に見当たらないということから,特許法を例として論を組み立ててみたという訳です。あまり字数が書けないので,他に問題があれば書き込まれてみて下さい。
 目が不自由だからといって書き間違えるような言葉ではないと思います。その後、関連したコメントはありません。ですが、別件でいろいろ賑わせています。
8. Posted by kaetzchen 2006年08月25日 21:05
パイプラインというと……,小泉氏が首相になったばかりの頃,ロシアのプーチン大統領が日本を訪問したことがあります。

んで,プーチン氏の提案した問題は2つ:漁業交渉(領土問題はすでに解決済みという立場),そしてサハリンから宗谷海峡経由で稚内へ原油天然ガスパイプラインを施設したいというビジネスライクな話だったのです。

ところが小泉氏は両方とも蹴ってしまったんですねぇ。おかげでロシアは六ヶ国交渉でも中国と組んで北朝鮮寄りの提案を出し続けている,という訳です。

10. Posted by Runner 2006年08月25日 23:17
>kaetzchenさん
>今後大きなマーケットになってくれるはずの中国が貿易面でも強硬的になる可能性があるぞという,

本来、中国マネーは日本の独壇場だったはずで、一方、米国は苦しい状況だったはずですが、もう、これは変わらざるを得ないでしょうね。
中国内の世論調査でも表向きのイメージとは異なり親米世論がどんどん形成されていることがわかります。
日本のマスコミではまだ「反日」という言葉が踊っていますが、実態は「離日」という方向へ推移していくように思いますね。

15. Posted by kaetzchen 2006年08月26日 10:38
>Runner さん

「離日」というのは実際,当たっていると思いますよ。

私が以前勤めてた某大手企業の子会社の重役からの暑中見舞いにも,8月になって中国を初めとするアジア全体との取引額が減少傾向にあるとの話。孫請けの「偽装請負」もやむを得ない所まで来ているのではないか,という本音が語られてました。

つまり,アジアは日本を孤立させて行く方向にある,結局日本はアメリカ一国との貿易に頼らざるを得なくなり,心中するしかないのではないかなと……。

さて,次の大統領選挙でヒラリー女史が当選した場合,日本はどのように対処するんでしょうね(笑)

23. Posted by Sada 2006年08月26日 17:13
ロシアのパイプラインの問題は
当初日本側が資金投資したラインがなぜか中国向けになった経緯がありましたね。
さらに別ルートのライン作るから資金投資してとロシア側から言われたと聞いたことがあります。

「アジア全体の離日」か
「人民元引上げによる中国離れ」かは業種も不明な子会社ひとつの感想だけでは判断するには危険な事ですね。

しかし中間線近くの採掘で
最初に採掘した側の権利というのも特許法だけで解決する問題なのですね。子供の縄張り争いと大差ないですな。
隣国に対する礼儀や遠慮なんて意味は無く、
厚顔無恥な国のほうが利益が出るということですかね。

しかし日本が強硬路線だと軍国主義といわれ続けるだけだし、日本は中国様の奴隷的平和国家の道しかないのですかね。

27. Posted by kaetzchen 2006年08月27日 00:59
>Sada さん

>日本側が資金投資したラインがなぜか中国向けになった
>別ルートのライン作るから資金投資してとロシア側から言われた

はぁ? それ,どこのガセネタでしょうか? 少なくともそういう話は「アンチ中国」あたりのウソっぱち情報でしか知りませんよ。

元々,ロシア本土からサハリンへパイプラインを敷いたら,偶然サハリンでも油田が出た。それでプーチン氏がビジネスを持ち掛けたら日本が拒否したので,ドイツのシュレーダー氏の天下り先に第3セクターの石油ガス公社総裁を用意して,EU との結び付きを優先しようとしたというだけの話です。国際情勢への無知が良く分かります。

28. Posted by kaetzchen 2006年08月27日 01:00
>Sada さん

トイレに起きたら訳の分からない誹謗中傷が載ってたので,もう一言。

>業種も不明な子会社ひとつの感想だけ

子会社と言っても従業員は正社員だけで大企業の部類に入りますよ(笑) よくそんな失礼なことが言えますね。私は研究職兼中間管理職にいた人間ですから,社名を明らかにはできません。また,複数の企業に散った仲間も今では出世していたり。私は眼(身体)を壊したので自ら退社し療養の日々を過ごしているだけですが,それが何か?

# ネットには色んな人がいる事を覚えておいて下さい。

31. Posted by Sada 2006年08月28日 13:19
え?これで誹謗中傷なの?
アンチ中国で書いたつもりはなく、ロシアの商売上手な事をかいただけです。国際情勢本当に詳しいのですか?

元研究員でしたら総合的な情報を客観的に分析したほうよ良いですよ。

それとあなたの生活状況の紹介は必要ないし、お友達の情報も不要。しかもお友達からの情報をネットで公開すること自体、
大手の会社の管理職経験があるのでしたらお分かりでしょう。
匿名にしてもだめなものはだめですよ。モラルの問題です。


いろんな意見があるのは結構ですが、自分の都合にあわせていませんか?
 学士様の場合、モラル以前の問題でしょうから。

 このほか以下のコメントも寄せられていましたが、どなたからの反応もなかったようです。
9. Posted by kaetzchen 2006年08月25日 22:05
先日,土井たか子氏が中国を訪問した際,武大偉・外務次官が多忙を理由に,部下の崔天凱・外務次官補が応対したのも,元々は崔天凱氏がアジア局長から昇格した際に日本のメディアの偏向した報道を批判した経緯を利用して,アジア担当外務次官を親日派の武大偉氏から崔天凱へ人事異動したという裏話があるのです。(^^;)

要するに,日本は外交面でも完全に手詰まり状態になっていて,今後大きなマーケットになってくれるはずの中国が貿易面でも強硬的になる可能性があるぞという,中国指導部の考えが恐らくこの人事異動にあるのだと私は考えています。

[PR]
by 45plus | 2007-08-13 03:15 | kaetzchen