学士様の監視


by 45plus
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2007年 07月 29日 ( 3 )

原発に関するあれこれ

もう原発はやめようへのコメント
#元エントリもとても楽しいです
チョルノブィリの場合は
あれはあれで「安全」な原発なんですよ.必ず大河の近くに作られていて,パイプラインで消火できるようになっている.日本のマスコミはそれを最初から隠蔽してましたから,私は呆れてしまいました.

注:チョルノブィリはウクライナ語で,チェルノブィリがロシア語.現地ではウクライナ語で呼ばれていたことも日本人はほとんど知らない.

旧ソ連=ロシアの技術力をバカにすることが目的のマスコミ報道に踊らされた結果が,今回の原発直下型活断層地震のなれの果てでしょうね(笑)
2007/07/26 20:22 | kaetzchen #HfMzn2gY URL [ 編集 ]
 どのような発音でも所詮カタカナでは限界がありますから、そんなことはどうでもいいですね。単に知識を披露したいだけなんでしょう。

 それにしても、パイプラインで消火って、何を消火するつもりなんでしょうか。
チェルノブイリ
Kaetzchenさんこんばんは。
 チェルノブイリは、日本が見本としていた原発のひとつでしたが事故が起こったとたんに手のひらを返したようになってしまうのは、改革の象徴ホリエモンに対する態度に似ていますね。以下に政治家がものを考えていないか、ということなのかもしれません。
2007/07/27 00:29 | luxemburg #- URL [ 編集 ]
 黒鉛チャネル型を見本とするようなことはなかったと思いますよ。
まずは建築工学を学ばれては?
美里さん,視覚障害のため,テレビが視れない kaetzchen です.

私はたまたま数学と物理が得意だったためか,高校に入ると親父から大学の数学と物理と建設工学の教科書を渡されて,一応基本的な図面を描いたり,構造計算をプログラム電卓に入れて計算結果をプリントアウトしたりして小遣いを稼いでいました.おかげで大学1年の図学演習で,教官に「君は一度工学部を出て来たのか」と言われたり.

結局,私は建築学へは進みませんでしたけど,原発を設計した経験のある親父との会話では「あれを風評被害と言うなんて,無知な事務屋だよね」「元々チェルノブイリ型原発と同じだけ鉄筋を入れろと命令したのはどこのどいつだってんだ」と,罵詈雑言のくり返し.

専門家でさえ呆れているのですから,「隠されていた事実が明らかにされてきた」ことの方が重要だと考えませんか? 皆さん,余りにも「テレビ漬け」すぎです.
2007/07/29 16:56 | kaetzchen #HfMzn2gY URL [ 編集 ]
 学士様のお父上は、いつ、どのような立場で原発の設計に関わったのでしょうかね。
[PR]
by 45plus | 2007-07-29 20:00 | kaetzchen
問われる自民党政治へのコメント
旧ソ連軍人の程度が低かったのは
実は私の伯父は旧制大阪高校理科3年の時に徴兵され,ロシア語の通訳とされました.たまたまロシア語の成績がトップだったからとか…….< いいかげん……

牢屋の中で捕虜と話していると,白人のロシア人と黄色人種のネネツ人との気性の激しさの差が気になったそうです.白人のロシア人はかつての支配階級,つまり最下層農民・労働者に落とされ絶望しシベリア送りになった連中だったのです.当然,黄色人種に対しては誰に対しても横暴でろくでもない連中だったそうです.何だか,台湾の国民党とよく似ていますね.

反対に日本人や中国人とそっくりのネネツ人はもともとシベリアに住んでいて徴兵された田舎者ですから,文盲は多かったけど同じ黄色人種の伯父に優しかったそうです.牢屋で白人とケンカになった時も伯父が憲兵に土下座して謝ったとか.

結局,仲良しになったネネツ人の捕虜数名と共に,伯父は留置場を抜け出し,旧ソ連軍へ入隊,スパイとして優秀な成績を上げました.戦後,伯父はハバロフスク大学からシベリア科学アカデミーへ進み,工学博士を取って現地で結婚した伯母と従兄と一緒に発明家・資本家として帰国しました.

阪大か京大に行きたかった青年が戦争によって人生を狂わされ(本来理科の学生は徴兵されなかったはず!),結局日本を裏切らないと生きていけなかった.この経験論を皆さんにもお伝えしようと思います.(既に伯父は故人ですが)
2007/07/29 17:13 | kaetzchen #HfMzn2gY URL [ 編集 ]
 学士様の家系は、ホントに波乱万丈な人生を送ってきた方が多いのですね。ただ残念なんことに、そのほとんどが学士様の頭の中だけに存在していることです。

 この件も突っ込みどころ満載というか、どこから手をつけていいか分からないくらいです。

 ブログ主さまがどのような態度を取るのか楽しみです。
[PR]
by 45plus | 2007-07-29 19:33 | kaetzchen
三島由紀夫の亡霊が……
 自民・公明・無所属保守に投票すると,三島由紀夫の亡霊が出てくる! 笑われるかも知れないが,あなた方の取っている行動はまさにそのものだからだ.

 自衛隊員からも野次を浴びせられ,孤独に打ちひしがれた三島由紀夫が取った行動は唯一,ハラキリであった.ハラキリというのは必ず助手に首切りを手伝ってもらわないとできない,最も野趣で最もみじめかつ情けない自殺の方法である.

 日本人がどのような投票行動をするかで,3年後に亡命する日本人がどれだけ出るか,私は愉しみにしている.もちろん,私も身体の続く限り,亡命を志している.見せかけの自民一党独裁よりも,私は共産党独裁政権の方が民主的だと判断しているからだ.
 この3つのパラグラフからなる学士様のエントリ。この後は「追記」なので、これで完結していると思われます。

 最初に結論を述べています。学位をお持ちの学士様には馴染んだ書き方なのでしょう。となれば当然、その後はその結論を導くに至る過程を述べるところですが、何故か結論に登場した人物の行動への批判にとどまっています。

 では、最後のパラグラフで一気に読者の疑問に答えるのかと思うと、亡命の話になってしまいました。要は、日本が間違った方向に進んでしまうことを憂いていらっしゃるのでしょうが、この人物を引き合いに出す意味が分かりません。

 学士様におかれましては、早く健康を取り戻されて、中国大陸で余生を送っていただければと思います。かの国はこちら以上に拝金主義だそうですが、ロト6で大もうけされた学士様には暮らしやすいことと思います。

 そもそも「ヨーロッパに亡霊が出る」という書き出しで始まる古典を真似たかっただけなのかも知れません。

 さて、追記の中で、元自衛隊幹部と名乗っていた方のブログが削除されたことに関して述べていらっしゃいます。

 まさに,内容の検閲 → 削除 という圧力が働き,日本は民主主義国家ではなくなったことを,自民・公明などに投票しようという人たちはもう一度考えて頂きたい!
 学士様は批判する対象を間違えていらっしゃるのではないでしょうか。元自衛官のブログなどより、学士様のほうが、はるかに政権にとって都合の悪い毒を吐いている。にも関わらず削除対象にならないのは検閲が生ぬるい!と声を上げるべきです。あるいは、削除されないのは、言論の自由が保証されているからだ、とお仲間をなだめてみるのもいいかも知れません。器用な学士様ですから、どのような対応も可能でしょう。
[PR]
by 45plus | 2007-07-29 01:25 | kaetzchen