学士様の監視


by 45plus
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リアヨロ

美爾依さん観察日記【Goo本店】が最近更新されないので。
カナダde日本語
2007年2月アクセス解析
これまでのリアヨロ安倍内閣支持率のアンケートで、最高の投票数を記録し、最終的には、


支持する 1099票(6.83%)

支持しない 13499票(89.19%)


どちらともいえない 466票(3.08%)

白紙票 137票(0.91%)

という、安倍内閣にとっては散々たる結果に終わった。中には、『きっこの日記』で紹介された時点で、公正ではないとか、日本は高齢化社会であり、固定票の多くもお年寄りが占めているにもかかわらず、ネットを利用するお年寄りの数は限られているため、お年寄りの投票数が少ないという点で、信憑性にかけるというコメントもあった。

 年寄りに限らず年齢層の保証がされていないアンケートであるという認識は必要と思う。
でも、いくら日本人が自分の意見を持たないと言っても、『きっこの日記』を読んだ人が全てきっこちゃんと同じ考えだと考えるのには無理がある。人間は自分の経験から、自分の頭で考え、自分の意見を持つものである。いくら、きっこちゃんがアンチ自公だといっても、自公に対する不信感や疑惑や相反する気持ちなどを実感できず、今の生活に満足だったら、安倍内閣を支持するだろう。アンケートのコメントを読んでも分かるとおり、自分の生活を通して、今の安倍内閣に反感を持っているからこそ、不支持に投票するのだ。森内閣、小泉内閣と、どんどんたまってきた不満が安倍内閣に来て一挙に噴き出したと言ってもいいだろう。それだけ、多くの人々が今の自公政権に不満を抱いているということだ。

 「意見を持たないこと」と「同じでない」ことを同列に考えるのには無理がある。
又、お年寄りの件は、確かにネットするお年寄りの数は限られているが、同時に選挙に行って、投票するお年寄りの数も限られているのではないだろうか。選挙に行くという意志とネット投票をするという意志は共通するものがあると思う。大手新聞社の無差別な電話による内閣支持率調査に答えた全ての人が投票に行くとは限らないであろうし、そういった点からすれば、無差別な電話調査に応えた人が選挙に行く確率よりも、ネット投票をする意志を持った人が実際に投票に行く確率の方が高いのではないか。逆に、固定電話でのアンケート調査は、携帯しか持たない若者の意見を反映していると言えるのか。このようにいろいろな角度から考えると、ネットのアンケートだから、信憑性に欠けるとか、公正ではないということは一概に言えないと思うが・・・・。これが、アンケートに答えた人の数が100人とか500人とか1000人だったら、公正ではないかもしれないが、1万人の量的(quantitative)と質的 (qualitative)両方の回答をもって公正でないということはないだろう。ただ、もし何か欠けているとしたら、ネットをしない人の意見くらいだと思う。

 「ネットする」と「投票する」という行為は全く別の動機によって行われる行為なので、その行動様式に同一性を求めるのは無理と思う。

 「固定電話でのアンケート調査は、携帯しか持たない若者の意見を反映していると言えるのか」って、半世紀前の米国大統領選の投票前調査じゃあるまいし。それから「無差別」でなく「無作為抽出」です。

 「もし何か欠けているとしたら、ネットをしない人の意見」というのは、「もし」じゃなくて「前提」なんだが…
 
とにかく、このアンケートの結果が参院選まで続けば、参院選の結果によって、これが正しかったかどうかは判断できるだろう。参院選まで待たなくても、統一地方選で、すでに結果が出る可能性も高い。まだまだこのアンケートについて分析したいことがたくさんあるが、長くなってしまうので、次回にしよう。

 無意味なことを長々と書かれてもねぇ。
『嗚呼、負け犬の遠吠え日記』は、ネットウヨによって被害を受けている人の駆け込み寺的存在で、そういった被害を受けている人は管理人のkomichiさんに是非相談して欲しい。

 確かに最後の砦だと思う。
[PR]
by 45plus | 2007-03-03 10:55 | 美爾依