学士様の監視


by 45plus
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

F15

くてくてくて……
 もう一つは,「厚さ0.3ミリ外板にトラブルか F15尾翼落下 (朝日新聞東京本社)」 である.民主党政権が防衛省の予算を削ると言い出したためか,本来国家機密のはずの戦闘機の事故原因を防衛省は素直に吐いた(笑) 今回事故を起こしたのは 航空自衛隊の F15 という要撃戦闘機である.1972年に初飛行した,かなり古い機種で,1人乗りの F15J と2人乗りの F15DJ とがあり,それぞれ 158機・45機が米軍からライセンス生産されています.ただ,古い機体だけに,飛行200時間ごとに材質の弱い水平尾翼約60枚をちまちまと点検整備しているとのこと.航空自衛隊は 現有する202機 のすべてに関して,安全基準の見直しも考えていると発表したから,よほど予算削減が怖いと見える.ちなみに 158+45=203 じゃないかと言う人に教えてあげると,実は昨年9月に同じ築城基地所属の F15J が萩市沖で墜落しているのだな (電子部品についてのヲタクサイトには F-15J というのがある).他にも北海道の千歳基地所属の F15J がやはり先月25日に日本海へエンジンの一部を落とし,昨年1月には茨城県の百里基地所属の F15J が水平尾翼の一部を落下させている.一番機はもう 37年 も使われている古参機だ.築城基地で開かれていた航空祭でお披露目されていた,F16 を改造した最新型の F2 も展示されていたそうだが,現役最長老の戦闘機と最新鋭の戦闘機が並ぶとは何とも皮肉な話である.
 ろくに知りもしないくせにえらそうに書くから突っ込みどころ満載で笑えます。ちなみにF15の前の世代であるF4はまだまだ現役です。
[PR]
by 45plus | 2009-12-05 19:47 | kaetzchen