学士様の監視


by 45plus
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

解放の神学

Ernesto Guevara de la Serna
 反対にエルンスト・ゲバラ,俗称チェ・ゲバラはどうなったか.彼は医者として働く内に,多くの医療を受けられない人の存在を知った.そして,社会主義思想に出会い,全ての人々に平等な医療を!というスローガンのもとに,まずボリビアでゲリラ活動を始めたが,戦士としては優秀ではなく,ひたすら後衛で軍医として働く.そして逃亡,逮捕,さらにわずか39歳での処刑が待っていた.は再臨のキリストの生まれ変わりとして,ラテンアメリカのカトリックの人々にあがめられている.これが「解放の神学」と呼ばれるものであり,ヴァチカンも公式に認めているカトリックの1分派である.チェ・ゲバラの死は決して無駄ではなかったのである.
 大爆笑させていただきました。学士様ってホントに敬虔な信者なんでしょうか。ちょっと調べれば分かることなのにね。
 キリスト教神学はその源であるアリストテレス哲学にならいて,常に人間を政治的・社会的生物として看做してきたから.言ってみれば,チェ・ゲバラが神の啓示によって人民を解放しようと考えても,それは「見る・裁く・行動する」という3つの基本的な契機によって練り上げられたという聖書解釈神学が成り立ち,実際にグスタポ・グディエレスやレオナルド・ボフなどの司祭や修道士による,マルクス主義の分析手段をカトリック神学へ帰納的に利用させたものである,とヴァチカンは認めざるを得なかったのである.「解放の神学」については,またいずれ詳しく語ることにしよう.
 どんなヨタ話を披露してくれるのか楽しみです。
[PR]
by 45plus | 2008-12-23 03:32 | kaetzchen